大学生のクレジットカード与信枠

クレジットカードには利用限度額が定められています。利用限度額はカード会社がカード所有者の年収や家族構成、持ち家の有無などの条件をもとに自動的に設定されます。信用力が高いと利用限度額はそれに比例する形で上昇します。大学生がクレジットカードを申し込む場合にも利用限度額が設定されます。利用限度額は与信枠とも呼ばれますが、大学生の場合、社会人と比較すると与信枠が小さくなります。その理由は信用力にあります。

大学生の平均的な与信枠

大学生向けのクレジットカードの与信枠は、平均すると5万円~10万円が相場です。この額を高いとみるか低いとみるかはそれぞれ違いますが、社会人がクレジットカードを作成する場合には与信枠が50万円~100万円くらいになりますから、それぞれを比較すると与信枠が少ないことが分かります。クレジットカードの使い方にもよりますが、普段の買い物等で使用する程度であれば、10万円程度の与信枠でちょうどよいといえるかもしれません。

与信枠を広げることはできるのか

10万円の与信枠では足りない、と感じることがあるかもしれません。例えば家電製品をクレジットカードで購入すると、ポイントがたまるのでその分お得感がありますが、与信枠の関係でほしい家電製品が買えないということがあるかもしれません。そのような場合に、与信枠を広げることはできるのでしょうか。大学生の場合、一度設定された与信枠を広げるのは難しいと言えます。ただし与信枠をアップさせる方法が一つだけあります。

アルバイトで収入を確保してから申し込む

与信枠をアップさせる方法は、アルバイトをして収入をある程度得た状態でクレジットカードを申し込むことです。仮にアルバイトをして毎月7,8万円ほどの収入が得られるのであれば、カードの与信枠を上げることができます。この場合、新規でクレジットカードを申し込むようにすれば大丈夫です。学生向けカードではなく一般のクレジットカードを申し込めるので、与信枠が学生の2~3倍になることもあります。